当たるも八卦、当たらぬも八卦

相も変わらずDVDまとめ借りにいそしんでいます。
私は急にバタバタ仕事や用事に追われ出すので、
返却日までに見きれなくて
ダッシュ見(?)することも多いのですが。

そして、相も変わらず二人がそれぞれ選ぶ作品は
はっきり好みが分かれているわけで、
最近レンタルした物を挙げてみると
結構面白いものがあります。

まずは旦那さまチョイス作品。

○シャンハイ・ナイト(ジャッキー・チェン主演)
○シャンハイ・ヌーン(  〃  )
○アイ・スパイ(エディ・マーフィー&オーウェン・ウィルソン
                       ↑上記二作にも出演)
○ザ・フォリナー撃鉄(スティーブン・セガール主演)
○パーフェクト・ストーム(なんかものすごい大波)
○ジュマンジ (なんかものすごい動物奇想天外)
○バトルロワイヤル1.2(旦那さまは藤原くんファン)
○バイオ・ハザード1.2 (「ジョボヴィッチ、ジョン・ボンジョビ」と
                 三回続けて言ってみましょう)
○バタリアン4(出ましたゾンビ)

今回はゾンビがあまり登場してませんが、
(まぁ、バイオ・ハザードもゾンビみたいなものよね)
やはりアクション&スリルとホラー系です。
前に何度か観たお気に入りをまたレンタルする、というのも
旦那さまによくある傾向です。

続いて、Annie'sチョイス。

○ザッツ・エンターテイメント1.2.3(MGMミュージカル好き)
○Always 三丁目の夕陽(ほのぼの、しみじみ)
○パッチギ!(♪イムジン川 水清く~)
○コーラスライン(♪One! テッテレッテ・テテッ・・・歌詞知らない)
○ザ・ローズ(♪Some say love it is a river・・・)
○笑の大学(三谷さん好きっす。顔はダサイお坊っちゃまみたいだけど。
      たぶん小学校の頃、白いタイツをはいてたんじゃないかしら)
○博士の愛した数式(読んでから観た。小川洋子さん、好きデス)
○サイダーハウス・ルール(読んでから観た。アーヴィング)
○命 (読んでから観た。エスミはやっぱショムニだと思う)
○Bye Bye Blackbird (制作:演劇ぶっく ・・・後述)
○火垂るの墓 (TVドラマの方。見逃したので)
○タイガー&ドラゴン1~5(ほとんど見逃したので)

私の場合は、ダンス&音楽系、原作から入った系、
前にも観たけどまた観たかった系、
評判を聞いて観てみようと思った系。(どんな分類だ)
私がチョイスしたもので、旦那さまを観る気にさせたのは
「タイガー&ドラゴン」と「火垂るの墓」くらいですね。
「パッチギ!」は、誘って一緒に観たけど、
『おっ』と言ったのは大友康平が出たとこだけだった・・・。

まぁ、そんな私達なのですが、
たまに二人ともタイトルやケースに書かれた解説に惹かれて
衝動的に借りてしまうDVDがあり、
そういうのに限って「ハズした」と思うことが結構あります。
旦那さまは上記したなかで、スティーブン・セガールのと
「バタリアン4」は面白くなかった、と言ってましたが、
私は「命」が、原作も映画も『・・・う~ん』って感じ。
ドキュメントに基づいているのでね、
現実の方がもっと壮絶だったろうし、
切実だったろうな、とは思うんだけれど、
作品として感動したか、というと『・・・う~ん』でした。

そして、もうひとつ。
「Bye Bye Blackbird」は、ねえ。
短編が二作、なんですけど、
タイトルになってる「Bye Bye Blackbird」の方が、ねえ。
見終わった後、『・・・え~』って声が出てしまったほど、
私にとってはつまらなかったのです。

解説には、こう書いてあったんですね。

「映画『天使の卵』の公開を今秋に控える冨樫森監督の感動作。
オーディションで一目惚れし舞台公演で主役に抜擢しながら、
突然失踪してしまった女性の面影を求めて捜査する
演出家の狂気を描いた『Bye Bye Blackbird』・・・」
こちらを参照)

「天使の卵」は原作を読んでるから興味があるし、
そして何より、劇団出身者としては
この解説に興味をひかれたわけですよ。
だって、「オーディションで一目惚れ」だよ!
そして「突然失踪」ですよ!
なに?なに?何があったの?とワクワクするじゃないですか。

ところがね。
まず、オーディションの場面で、
仏頂面の主演女優を見た瞬間に、まず『え~』。
か、かわいくない。そして、なんつうガタイの良さ。
意志の強そうな、きつい目はしているけど・・・
でも、でも一目惚れ、なんだよねぇ?

いや、マテ。
ルックスに一目惚れ、とは書いてないぞ。
演出家が一目惚れ、するんだものな。
きっと、演技だ。演技に惚れるんだ、と思い直して
さらに『え~』。・・・ワカリマセン。私にはワカリマセン。

おまけに、(なぜか)彼女に一目惚れしてしまい、
お金を持ち逃げしていなくなった彼女を
芝居の演出ほっぽりだして探し回る
演出家からも、全然狂気を感じない。
これじゃただの人の良い、気の弱そうな青年ジャナイカ。

こうなると、もういちいちツッコミを入れたくなりますね。

最初のオーディションで、
生意気そうな態度をとったため、
「女優なら、ここで脱いでみろよ」と言われた彼女は
洋服を脱ぎだして(ブラまでね)止められる、という
場面があります。だけどさ、
実際のベッドシーン(といっても、映画の中ですが)でも、
ブラまでね、だったので
思わず『脱がないのかよ~!』とツッコむ私。
女優なら脱いでみろよ、ってセリフがあるのに
女優なのに脱がないんじゃん。
女優なら脱いでみろよ、ってセリフじたい、
まあ、実は変だし、いかにも言いそうな、
ステレオタイプなセリフなんだけれども、
そして、別に見せて頂きたいわけじゃないんだけれども、
これじゃなんだか大昔の少女漫画のベッドシーンだ。
こんな中途半端なシーンなら、バッサリない方がいい。
そういうことがありました、ってことにしちゃえばいい。

ラストでも、いや、これから観る!という方のために
結末は書きませんが、
そりゃ無理でしょ、とツッコみましたねぇ。
・・・あのガタイを・・・あの演出家が・・・あんな所へ・・・
無理だ。絶対無理だと思うわ!

あぁ、なんかもう怒りにまかせて書いてしまいましたが、
これって劇団出身者だから、なんか腹が立つのかなぁ。
私は一応、人の創ったものに対しては
謙虚な態度を示そうと思う方です。
この良さをわからないのは、こっちに問題があるのかも。
もう一回観たらわかるんじゃないかしら、とかね。
でも、そんなパワーも今回は出なかったの。
なんだかなぁ、もう・・・ハズしちゃったわ。

ナドと言いつつ。
たまに「わぁ、これアタリ!」っていうのがあるから、
衝動レンタルはやめられないんですけどね。


メインダイニングはこちら 「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2006-11-27 04:06 | half moon
<< つつましき娯楽 がんばったのだ >>