<   2006年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

きっとさぁやに怒られる物語

つやつやと光沢を放つデスクを爪で弾きながら、
さぁやはハイバックのプレジデントチェアをくるりと回す。
耳に押し当てた受話器から五回目のコール音が響く。
コン、コン。
さぁやの爪がもう二度、デスクを叩いた時、
カチャリ、と音がしてやっと電話が通じた。
「はい、パブ・軍手ハウスです」
いらだちを含んだため息を大きく吐き出して、
さぁやの冷たい声が響く。
「はい、じゃないでしょう。電話に出る時は」
「あっ、すみません。お疲れさんです、社長」
「何度言えばわかるの。意識が足りないのよ」
チェアを回し、さぁやはデスクに向き直る。
デスクの上にはここひと月の売上げ帳簿が広げられている。
「どうなってるの、キープの数は」
「は、はあ」
電話の向こうで、声が小さくなる。
「年度末の工事が済んで以来、ちょっと伸び悩んでいて」
「それで手をこまねいて待っている、というわけ?
営業努力が足りないわね。現場へは行ったの?」
「現場、ですか?」
「自ら現場へ出て、働きながらお客さまを拡大するの。
チャンスは自分でつかむものよ」
「はっ、はい!わかりましたっ」
受話器を戻しながら、さぁやは小さく首を振る。
相変わらずだ。何も変わってはいない。
軍手ハウスが、まだピックハウスという名前だった頃から、
この男は自らチャンスをつかもうという貪欲さに欠けている。
でも、とさぁやはチェアに身を沈めながら、ふと考えた。
私の今は、この男がチャンスをみすみす見逃したおかげで
あるようなもの。少しは感謝しなくちゃいけないのかもね。
さぁやの脳裏に、ある冬の夜の出来事が甦る。
店舗の移転を迫られ、悩んでいた頃。
そう、あれは2006年。もうすぐクリスマスという夜だった。

照明を少し落とした店内には、クリスマスツリーのライトが
点滅している。
「そうかぁ、これから大変だね」
ピックハウスのママ、Annieの言葉にさぁやは頷いた。
「お店の場所は決まりそうなんですけど、お店の名前も
替えなくちゃいけないし・・・」
この年末の忙しい時期に、さぁやの店「Link」は移転を
迫られていた。まだ、店を始めて一年もたってはいない。
良いお客さまとスタッフにも恵まれ、経営も順調だというのに。
なんとか急いで新店舗での営業を再開しなくては。
そんな気ぜわしい間を縫って、さぁやはピックハウスに顔を
出していた。
「あれ?さぁやさん、軍手ですか?」
バイトのみのりんが声をかけてきた。・・・軍手?
彼女はカウンターの上に置いたさぁやの白い手袋を見ている。
軍手ですって。失礼な。うちのお店のまりもたんからもらった
クリスマスプレゼントの手袋を、軍手扱いするなんて。
「ち、ちがいますよぅ。ほら、可愛いお花だって付いてるし」
「あはは、マスターとお揃いかと思った。職人の店で買ったんでしょ」
Annieが笑い声をあげる。ピックハウスのマスターは手荒れ防止に
軍手を愛用しているのだ。
「そうだ、新しいお店の名前『現場パブ・ワーク』にしたら?」
「いいねいいね、『職人パブ・現場』とか」
面白がってあれこれ言い始めるマスターとAnnie。
「そんなぁ。だったらピックハウスも軍手ハウスですよ」
言い返したさぁやの脳裏にピン、と閃くものがあった。
あれ?いいかもしれない。いけるかもしれない。
マスターとAnnieの表情を窺う。暢気に笑っている二人。
この人たちにとって、これはただの冗談なのだ。
こんなナイスなアイデアなのに。
「じゃあさ、さぁやはワークス・グループの社長になって、
その傘下に『職人スナック・ワーク』、『パブ・軍手ハウス』、
『出稼ぎミュージックハウス・現場&現場』が入るっていうのは?」
「みんな軍手をキープするんだよね」
「こちら、十年物の軍手でございます、とかね」
ああ、アイデアの垂れ流し。
いいの?もらっちゃうよ。このアイデア、そっくり使っちゃうよ。
さぁやは少し心にとがめるものを感じている自分を叱咤する。
何をためらっているの、さぁや。
チャンスはつかもうとする者にしか与えられないのよ。
そう、運命の女神は私に微笑んだの。
はやる心をひた隠しながら、さぁやはとっておきの笑顔を浮かべた。
「ひどーい。そんなの無理に決まってるじゃないですかあ~」

♪ぞうさん ぞうさん オラはにんきものぉ~

廊下から聞こえてくる歌声で、さぁやは現実に戻った。
妹のエリカだ。もう「クレヨンしんちゃん」は歌うなと言ったのに。
イメージダウンになるからやめなさい、と言い聞かせたにも関わらず
エリカはいつもこの歌を口ずさむ。
そういえば軍手ハウスがまだピックハウスだった頃、マスターの薦めで
「クレヨンしんちゃんとホイットニー・ヒューストンのデュエット」を
エリカが歌ったテープが、まだあの店には残っているはずだ。
流出でもしたら大変なことになる。早く回収しなくては。
コツ、コツ、コツ。
さぁやは思慮を巡らせながらデスクを爪で弾く。
すんなりと渡すだろうか、あのマスター。
いいわ、ゴネたりしたらノルマを増やすと言えばいい。

♪オラはすごいぞ 天才的だぞ 将来楽しみだぁ~

やめなさい、と言っているのにエリカったら。
お姉ちゃん、そろそろ怒っちゃうぞ。
さぁやは廊下へ向かって声を張り上げた。
「エリカ!そんな歌じゃなくて、新曲の練習をしなさい!」
「あぁ~い、とぅいまてぇ~ん!」
それもやめろと言ったのに。

♪1、2、現場 2、2、現場
歌いながらエリカの声が遠ざかる。
東証一部上場企業にのし上がったワークス・グループの若き女社長
さぁやと、妹エリカは『ワークシスターズ』としてこの春デビューを飾った。
発売を控えた第二弾は郷ひろみの名曲のリメイク、『現場サンバ』だ。
♪現場、現場、現場サンバぁ~
かすかに聞こえるエリカの声に合わせてハミングしながら、
再びさぁやは受話器を取る。
「はい、出稼ぎミュージックハウス・現場&現場です」
「はい、じゃないでしょう、電話に出るときは。
今夜の現場ライブの曲目は何?・・・なんですって、吉田拓郎?
岡林信康にしなさいって言ったでしょう。オープニングはもちろん
『山谷ブルース』よ」
この後は、『パブ・軍手ハウス』から『レストラン・飯場』へ左遷した
Annieにも電話して活を入れなければならない。
ワークスグループ女社長・さぁやの一日は忙しい。


(この物語はフィクションです)

新店舗での営業再開に向けて、がんばれ!さぁや!!

メインダイニングはこちら   「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2006-12-29 20:18 | half moon

ケンカ売ってんのかぃ!

美容院へ行くと、最後にメイクを直してくれます。
タオルのっけたり、シャンプーしたりで、
ちょっとメイクが取れてしまうので。
「ついでに眉カットもしましょうか~?」なんて
嬉しいサービスもございます。

母譲りの天然薄眉系な私。加えて、誰に似たのか、
それとも単純に努力が足りないのか
呆れるほど不器用な私。
眉毛のお手入れは大事、とわかっていても、
自分でカットしようとすると、ただでさえ薄い眉毛が悲惨なことに。

眉毛専用のハサミやコームを使うなんて、もってのほか。
きれいなお姉さんは好きですか系のシェーバーを買って
使ってみても、眉なし芳一スレスレ。
眉毛にはお経が書けなかったんだもん、今日の私は芳一♪
などとボケても眉毛は戻らない。
ラフカディオ・ハーンはギリシア生まれのアイルランド人。
1879年 食堂「不景気屋」を経営するも失敗、って
名に恥じない潰れ方してドウスル。(参照:Wikipedia

八雲くんのことはさておき、まあ、そんなわけで
私の眉カットは常に美容院のサービスをアテにしております。
眉のお手入れをしてもらい、アイブロウもしてもらい、
「ちょっと新製品のパウダーファンデを使ってみますね」
という言葉にも、気分良く「お願いします」と応える私。

たぶん購入を勧められるのでしょうが、
いいのよ、至れり尽くせりなんだから、
ファンデの一つくらいは買ったって。

二十歳そこそこ(に、見える)の可愛い見習い美容師さんは、
オススメの超微粒子ファンデーションをパフに取り、
スッ、スッと下からなで上げるようにしてつけてくれる。

「こうして、そっとのせてあげるようにして」
「ふんふん」
「後から、ちょっと押さえてあげて」
「なるほどね」

マニュアルなのかなぁ。
ほとんどの美容師さんは、髪とか肌を擬人化する。
トリートメントでマメにいたわってあげましょうね、とか
トップにボリュームを持たせてあげると、とか。
考えてみれば変な言葉遣いなのに、
ほぼ違和感なく浸透してしまっている。
そういえば、調理番組に出ていたコックさんまで
「弱火でゆっくり煮込んであげることが大切です」
などとのたまっていた。
「煮込んで揚げる」と勘違いされたらどうするのでしょう。
今や髪もカブもヒト扱いだ。

見習い美容師さんの言葉を聞きながら、
つらつら思っているうちに、メイク直しも終盤へとさしかかる。
「とってもキメの細かい仕上がりですよ」
可愛い笑顔で鏡の中の私に語りかけながら、
最後に彼女はキメ台詞とばかりにこう言った。

「こういう付け方をしてあげると、お顔も少しは小さく見えるんですよぉ」

な・・・なんつった、今?
少しは。・・・「少しは」?少しはって、おぃぃぃぃ!
あのね。あのね。
この場合、「少し」に「は」をくっつけちゃうと、
どういう意味になるかわかってる?
「お顔の大きさに比して決して充分ではありませんが、少しは」とか、
「この付け方でもとてもカバーしきれませんが、少しは」とか、
「私の力ではこれで精一杯ですが、少しは」とか、
そーゆー意味になっちゃうのよ。
失礼じゃない?
いくら私がカット料金のみで眉カットもメイク直しもサービスしてもらう
セコイお客だとしても、そりゃあんまりじゃない?

目をまん丸く見開いた私の、胸の内にも気づかずに
「ねー?」と可愛く微笑みかける見習い美容師さん。
思わず苦笑しながらも、「そうねー」と応えてしまう私。
彼女にはまったく悪意なんてないのだ。
ただ、髪や肌をヒト並みに扱うぶん、
ヒトに対する言葉遣いがおろそかになってしまうだけなのだ。

そういう言葉に引っかかりを感じてしまうのは、
やはり職業柄なのか、それとも年のせいなのか。
そんなことを考えていたら、
「少しは」お顔を小さく見せる超微粒子ファンデーションを
うっかり買い忘れてしまった。残念。




メインダイニングはこちら  「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2006-12-21 11:48 | moonless

ごはん三杯はいけます

深夜の焼き肉パーティーをしました。
9時スタート、のはずが、
皆さん色々とお忙しくて、
11時頃にジュウジュウとお肉を焼き始めました。

わぃわぃ、飲んで食べて、
さすがに寝るだろうと思っていた子ども達も
ハイテンションを保ち続け、
みんなを送り出したのが午前3時を回った頃。

「もう寝る。もう無理」
という旦那さまを寝かしつけ、
そこから私は全部屋をファブリーズ行脚したのですが。

朝、目覚めると我が家の空気は
香ばしいままでした。
いける。この空気なら、ごはん三杯はいける。

そう思いつつも、またファブリーズに手を伸ばす私であった。

主婦A「え?昨日焼き肉だったの?」
主婦B「全然臭わなかったわね~」
主婦C(「OK!」と、小さくガッツポーズ)

CMほど焼き肉の残り香は甘くないと思う。




メインダイニングはこちら    「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2006-12-15 11:26 | half moon

今週のデリシャス

お風呂の掃除をしようと思ったら
「カビ取りハイターストロング」の容器に
カビが生えていた。

カビ取りハイターなんだから。
さらに、ストロングなんだから。
まず自分の身を守れよ、と
つっこんであげた。




メインダイニングはこちら 「Annie's Dining
                    ↑
      *「Pick Houseからのスペシャルなお知らせ」
       があります。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-12-09 14:38 | half moon

時と場所を選ばなければいけません

昨日は朝からレッスンがあり、
飛んで帰って父の元へ急ぎ、
夜は店でお客さまのお誕生会、という
結構ハードな一日だった。

お誕生会は大いに盛り上がって、
閉店時間が近づいても
なかなかみんな腰を上げない。
睡眠不足の私は、だんだん頭が朦朧としてきたので、
厨房に引っこんで仮眠をとることに。

そして。

「アニー、うちに帰るよ。起きて」

旦那さまに起こされた私の第一声。

「パスタを放っとけないから、待って」

厨房で寝たので、料理をしてる夢でも見たのかもしれない。
「パスタ?」と、きょとんとして
ガスレンジの方へと目をやる旦那さま。
まだまだ寝ぼけている私。

「パスタ放っとくと、くっついちゃうでしょう」

茹で上げて、オイルをまぶす前だったらしい。
寝ぼける私の扱いには慣れている旦那さまなのだけれど、
場所が厨房だけに、本当に私が何か料理をしていたのか、と
思ってしまったのかもしれない。
きょろきょろしながら「なに?なにしてたの?」と
言っているその声に微妙な緊張感。
そうだよ。
料理中に寝るなんてやばいよ。
戸締まり用心、火の用心!

自分の発した言葉の意味を考えているうちに
目のさめてきた私が、きょろきょろしてる旦那さまに訊ねる。

「なにさがしてるの?」
「パスタだよ」
「・・・パスタ?」
「アニーがパスタって言ったんだよ」
「あっ、はい。えーと、それは夢です」
「・・・夢の話ね」
「(にっこりして)うん!」

ぁにを元気に返事している。
ホッとして、ついでにがっくりして、
肩を落とす旦那さまを後目に、
シャカシャカと残った洗い物を片づけ始める私。
寝ぼけ状態から脱した私は妙にテンションが高いのだ。

今朝起きて、寝ぼけるにも場所を選ばなくちゃなぁ、と
反省した私は、「びっくりさせてごめんね」という気持ちを込めて、
釣りへ出かける旦那さまにお小遣いを千円さしあげた。
あまり謝罪の気持ちは伝わらなかったかもしれない。



メインダイニングはこちら 「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2006-12-04 13:47 | crescent moon

私だけ・・・?

私だけでしょうか。

「火垂るの墓」(ドラマ版)のセッちゃんの演技に
エマニエル坊やがかぶってしまった。


だって、大人みたいな顔すんだもん・・・。


メインダイニングはこちら 「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2006-12-02 12:04 | half moon

つつましき娯楽

11月最後の夜。
忘年会へ出かける私を車で送ってくれた旦那さまが
「え~・・・なんでスカートなの?」
と、ちょっとぶうぶう言いました。
なんで、って。
それはネット通販で買ったブーツ(格安)が届いたからよ。
せっかくだからスカート履きたいじゃん。
「忘年会って、お座敷?それとも椅子席?」

なぜ旦那さまがこんなことにこだわるのか、というと。
彼は、私がスカートを履くのがお好きではない。
座り方や立ち居振る舞いが「なってない」から、
スカートだと無防備に見えてしまうのが嫌なのだそうです。
誰も私の足やパンツなんか見てないよ!、と言うのですが、
一分の隙もないような振る舞いが出来なきゃだめだ、と
おっしゃいます。
もしくは、自分と一緒の時ならスカートでもいい、そうですが、
それは「ほら、足!」って注意することができるから。
おかげで、彼と付き合うようになってからこれまで、
私は一年のほとんどをジーンズで過ごしています。

こう書いてしまうと、
ヤキモチを焼かれながらも熱愛されてるんです、アタシ、
みたいなおのろけブログのようですが、
旦那さまがぶうぶう言うのは私に限ったことではありません。
たとえば飲みに行ったお店の女の子が立ったり座ったりする時、
ミニスカートからチラリと何かが見えようものなら、
彼は小さくため息まじりに「・・・おぃ~」とつぶやきます。
下を向いた時に、強調した胸元から谷間が覗けば、
「・・・おぃおぃ」と情けなさそうにつぶやいて首を振ります。
ローライズの腰から覗くパンツももちろん不可。
見せパン、ってなんだ!ケシカラン!という
古式ゆかしい男子である旦那さまにとって、
「見せてしまう」もしくは「見えてしまう」女子はすべからく
お説教の対象なのです。

でも、せっかくブーツ(格安)が届いたのだし、
ミニスカートじゃなくて膝丈だから安心だし、
忘年会の会場は椅子席だし、
まあ、なんなら上着をずっと膝にかけておくから、という
説得が功を奏し、久々のスカートでお出かけとなったわけですが、
それでもまだチクリ、と
「俺と出かける時は、スカート履かないのにね」
などとおっしゃるので、
「それじゃ、忘年会がハネたら、一緒にどこかへお出かけしよう」
と提案してみました。

時刻は深夜をまわり、迎えに来てくれた車に乗り込んで、
「さあ、どこへ行く?」となったわけですが・・・問題点が二つ。
①久々に顔を出したい店はあるけど、もう店終いの時間
②他にもお店はあるけど、お財布の中身が心許ない

24h営業のネットカフェにでも行こうか、と提案してはみたのですが、
二人並んでネットするなら家でも同じだし、
それじゃDVDでも借りて家で見ようか、ということになると、
スカート履いてお出かけの意味がない。
つつましくとも楽しく遊びたい、という私達の条件を満たす店が
どこかにないものか・・・と思案する二人。
すると・・・あった。あったじゃないですか。

「そうだ。うちの店へ行けばいいんだ~」

実は最近、うちの店ではカラオケで点数を競うのが
ちょっとしたブームになっております。
エー、今頃ぉ?と思われる方も多いでしょうが、
いつもはうちのお店、点数を出す設定にはしてません。
あくまで点数は機械の基準で出されるので、
私達がすごくうまい!と思う人や、
とってもじーんと胸打たれる歌が、
必ずしも高得点を取るわけじゃないっていうのが
腹立たしいというか、まあ、
「けっ!機械にナニがわかる」的な思いがあり、
お客さまに頼まれない限り、点数設定はしないことに
していたのです。

ところが逆に、
「機械がどんな基準で高得点を出すのか」と
考え始めたら・・・なんだか面白くなってきたんですねぇ。
歌のよしあし、というより、これはゲーム感覚。
機械のルールに則って、点稼ぎに執念を燃やすのです。

高得点を出すのには、
機械に気に入られる(?)歌い方、たとえば
①あまり感情をこめずに“棒読み”で歌う
②ビブラートをきかせない
③声を張り上げない
④カラオケの裏に流れる主旋律メロディに沿って正確に歌う
などの技術を習得すること、そして
高得点を出しやすい曲選びが肝心。

常にすごく高い点の出る曲として、
うちの店では封印された歌に「もののけ姫」があります。
ほんのワンフレーズ歌って、曲をストップさせるだけで
いとも簡単に900点以上が出せてしまう
まさにバケモノ的な曲です。

今夜は店で歌いまくって、
「もののけ姫」のような高得点を出しやすい曲を
探してみよう、ということになり、イソイソとおつまみを買って
店へと向かう私達。
二人っきりもなんだから、誰か誘ってみよう、と
ご近所の女の子にメールをしたら、
「わーい、ちょうど明日はお休みなんです」
と、部屋着のジャージ姿でやってきました。

三人で、この曲ならどうだ、あの曲ならどうだ、と
じゃんじゃんカラオケを入れて歌いまくった一夜。
「キイが高く、ゆっくりしたテンポ」の曲は高得点、
ということには察しがついていましたが、
音の高低差があまりない曲も
結構高い点をとれることがわかったりして、
お金のかからないつつましい娯楽の中にも
なかなかの収穫があったのでした。

でも・・・今、よくよく考えてみると・・・1つの疑問が。
自分の店でカラオケの練習するだけなら、ハタシテ
「スカート履いてお出かけ」の意味はあったのでしょうか・・・。


メインダイニングはこちら 「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2006-12-02 11:25 | crescent moon