<   2006年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ハナミズについて考える

Sunshine Market」からの持ち越しネタですけれども。

ん~、なぜか、「Only Moonshine」は見ることが出来るのに、
「Sunshine Market」は見られないよぅ、という方が
いらっしゃるようなのですね。
私には理由がイマイチわからないんですが。

だからといって、同じネタで2つのコーナーを引っ張ろう、という
そんな魂胆はないのですよ。ええ。
向こうでは触れてない部分に言及していこう、というね、
そういうココロミなわけです。
両方読めるのが一番いいけど、
こっちはこっちで成立させましょう、と。
なんだかんだ言ってネタ元は一緒なんですが、
風邪ひきさんだしね、勘弁してやってくださいませ。


*「Sunshine Market」が読めない方のための解説。

先週からの風邪をいまだに引きずっている私は、
痰のからんだ痛い咳に苦しんでいる。
薄々勘づいていたことだけれど、
痰とハナミズの成分はほぼ同じはず。
口から出れば痰、鼻から出ればハナミズ、と
呼び名が変わるだけのことだろう。
だが、同じ成分であるとしても、
出来ることなら、全て鼻から放出してしまいたい。
口から出るとなんか汚い感じがするし、
カアアアアアッ、ペッ!ってゆーのがどーにも親父くさいし、
それに、痰がからんだ咳ってすごくすごく痛いから。

そんなわけで、必死で鼻をかみまくっている私である。

                        (解説終わり)

さて。
鼻をかむ、という行為も実はあまり格好良いものではない。
少女時代には非常に抵抗がありました。
音も、なんかね、ズビビビィとかいうし。
でも、もちろん時と場所を選びはしますが、
いつの頃からか世間的に、
さほどの抵抗がなくなったように思います。

これを、私なりに分析するとね。
まず、抵抗がなくなってきた第一の理由は

①花粉症の大流行。

これだと思います。
花粉症というのが世の中に認知され始めてから、
鼻がムズムズする、ハナミズが止まらない、という症状を
みんなが「致し方のないもの」と容認するようになった。

ハナミズが容認された、この背景の大きなポイントは
「花粉症」が幼児~若者の間で広く蔓延したことにあるでしょう。
もちろん中年以上の層にも花粉症に悩まされている人はいますが、
基本的には「若者発」の新しい病気。
これがオジサマ、オバサマの間に蔓延した病気だったら、
いくら「花粉症だから」と鼻をかんでも
うわ、ダッサーい、汚~い、信じられな~い、と
若者層から総攻撃を受けたに違いありません。

おまけに「田舎に住んでる人は花粉症にならない」とか、
「ギョウ虫検査で引っかかったコトのある人は花粉症にならない」等、
様々な説が囁かれたりもして、結果、
「花粉症はデリケートな現代人の病気」
という認識が生まれ、
「花粉症(=デリケートな現代人)だから鼻をかんでもしかたない」
という理解の仕方につながったのではないでしょうか。

これがね、オジサマにのみ蔓延した病気で、
「鼻から出そうが口から出そうが同じ成分」だとして、
昔はどこの駅にもあったという「痰つぼ」に
カアアアッ、ペッ!とやる姿を若者が容認したかというと
けしてそうはしなかったと思うんですね。

そして、さらにもうひとつ、
ハナミズに対する抵抗をなくしてきた原因をあげるとするならば。

②女優の“泣き”の演技における変化。

これは、あるんじゃないでしょうか。

一般的に、人間は泣くとハナミズも出ます。
鼻と喉だけじゃなく、
目もつながってる、という証明ですね。
涙を流すのと同時に鼻をすする、というのが
“泣き”のパターン。
ところが、ほんの十数年前くらいまでは
女優さんは涙を流しても、ハナミズを見せることはなかった。
その頃彼女たちに求められていたのは
「美しく泣く」ことだったのです。

でも、時代とともに、映像にも演技にもリアルが求められてきた。

たとえばラブシーンでもそうですが、
昔は「ここまでが限界」というお約束みたいなものがあって、
あとは観る人の想像力におまかせ、だったんだけれど、
どんどん、見せる方向へと移行してきております。
女子高生のスカートがどんどん短くなったように、
拍車がかかっていくわけですね。
見えそうで見えない、なんて言ってはいられない。
見せましょう。でも、見せても大丈夫なパンツをはきましょう。
そんな感じ。

ハナミズからだいぶズレました。

ラブシーンと同様、泣きの演技も
美しさからよりリアルな泣きへ。
そこで登場したのが「ハナミズ泣き」だったのです。
いや、実際はハナミズを出そうとしたわけじゃないと思う。
本気で泣いたらハナミスもどんどん出る。
すすっても、すすりきれないほど出る。
そして、この「すする音」というのも結構やっかいなのです。

これは私も舞台で経験したことですが、
泣きの場面というのは大体静かなものです。
そこに、鼻をすする音がやけに響き渡ってしまう。
なるべくハナミズが出ないようにしたいのですが、
舞台って昼公演・夜公演があったりするので、
昼間に一度泣いてると夜は涙腺がゆるんでいて、
涙を我慢していてもハナミズだけは出てきてしまったりする。
静かな場面の、聞かせどころのセリフに混じって
「スンスン」、「ズズ、ズズ」、と鼻をすする音。

「おまえ、ちょっと鼻すする音がうるさい」

と、演出家にダメを出された私は、苦肉の策で
ハナミズが限界に来たところで相手役の胸に顔を埋め、
相手の衣裳の裏側で垂れてきたハナミズを拭く、
という暴挙に出ました。
相手役は最初、「今日はなんて情熱的な演技」と
思ったらしいのですが、のちほど私が
「衣裳の裏側、ガビガビになってない?」
と謝りに行ったことで全てはバレてしまい・・・演出家は

「ハナミズくらい垂らせ!テレビでも垂らして泣いてるぞ!」

と、怒りました。
そうなのです。
リアルな「ハナミズ泣き」が容認されてきていたのです。

私の記憶が確かならば・・・元祖「ハナミズ泣き」は
「金曜日の妻たち」の小川知子さんの演技。
美しい女優さんが、愛する人の前でハナミズを垂らして泣く。
たぶん、きらりと光る一筋のハナミズに気づいた時、
「あっ!」と思った人は多かったのではないでしょうか。
と、同時に
「・・・アリなのか」と、やはり多くの人が思った。
その後、映像の世界でハナミズ泣きが広まっていくに従い、
世間もハナミズに対して寛容になっていったのだ、と
私は思います。

若者発の「花粉症」と、女優さん発の「ハナミズ泣き」で
世間に認められてきたハナミズ。
そのうち日本でも、イギリス人とかのように
ハンカチを広げて鼻をかむ、という行為が
当たり前になるのでしょうか。
鼻をかんだハンカチ、洗うのって大変じゃないかな~、
もしかして、あれって使い捨てなのかな~、
などと考えながら、
今日も箱ティッシュを空にしてしまう私なのでした。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-09-29 11:25 | moonless

なんだ、そりゃ

ありがたいことに
病院、という場所にあまり縁のない日々を送ってきた。
だから私にとって、病院は長年緊張する場所だった。
それは、プロを前にした緊張なのだと思う。
こちらの痛みや、発熱や、出血に対処する冷静な診断。
看護婦さん(看護士、と呼ぶようになったのは最近のことだ)の
丁寧だけれど手早く、無駄のない処置。
注射さえ苦手な私としては、
どんな痛い目にあうかわからない怖い場所ではあったけれど、
もう病院しかない、という時には
それなりの覚悟をして身を委ねに行くところだった。

父が大きな病気をして約一年間。
病院へ足を運ぶ機会が増えて、
今、病院はこうなっているのか、と思うことがよくある。
たとえば、ナースセンターでの対応。

「○○号室に入院している、□□の家族ですが」
と、事務員さん(男)に声をかけると
「うん」
という返事。

うん?うん、ってなんだ、そりゃ。
こっちは敬語で話してるんだぞ。
そういえば、救急センターに電話した時も、
「先月入院していた者なんですが、ちょっと体調が悪いようで」
と言ったら、「うん」と言われた。
今、病院は「うん」の時代なのか。引っかかりながらも、
「先生からお話があるそうなので、伺いました」
と言うと、いきなり後ろを向いて、
「△△さぁん、□□さんの家族のヒトに話があるって聞いてる~?」
と、看護婦さんに声をかけた。
それもなんだかベッタリした、面倒くさそうな調子で。
少々お待ち下さい、のひと言もない。
家族に先生から話がある、と聞けば
家族はそれなりに緊張しているものだ。
それなのに、向こうの対応には緊張感のかけらもなく、
もちろん家族の緊張に対する思いやりなんて全くない。

お医者さんも、似たようなものだった。
濃度の高い点滴をする場合に、
腕の血管ではつまってしまう可能性があるので、
鎖骨の近くから心臓に近い位置に管を入れて点滴する
「中心静脈点滴」
の説明を受けたときのこと。

今はなんでも「最悪の可能性」も提示するようになっている、
ということは
父の手術からこっち、何度も耳にして知っていた。
「まれに」とか「百人に一人くらいの割合で」とか
注釈が付くにしろ、そんな可能性があると聞くのは
気が滅入るし、なかなか慣れるものでもない。
でも、病院側も自分たちを守らなくてはいけないのだろうから
仕方ないのかな、と考えるようにはしている。

でも。それにしても。

「目に見える物に針を刺すのは簡単ですが」
と、前置きしてお医者さんは説明を始めた。
「見えない部分に、ここかな、と勘で刺すわけで難しいんです」。
勘、という言葉がまずカンに触る。

「可能性としては、針を肺に刺してしまうこともありえます。
すると、肺からぷしゅーっと空気が漏れます。苦しいです。
肺から漏れた空気を吸い出すために、管を入れます。痛いです。
でも、僕も何度か肺に穴を開けちゃったことはありますが、
それで命に関わるようなことにはなりませんでした」

えええ?穴、開けちゃったことが何度かあるの?
大丈夫なんですか、それ。
ぎょっとして目を見張った私の前で
お医者さんは話し続ける。

「もうひとつの可能性としては、静脈と並んでいる動脈に
針を刺してしまうことがあります。
動脈からの出血が、肺に入ってしまうとちょっと大変です。
僕も動脈に針を刺しちゃったことがありますが、
でも、そこまで大変なことにはなりませんでした」

ええええ?これも、やっちゃってるの?
私はますます目を見張る。
こんな可能性を、それもやっちゃったことのあるお医者さんから聞き、
「以上の可能性をもって、それでもあなたは中心静脈点滴を
しなくちゃいけなくなりそうなんですが、同意書もらえますか」
と、父は用紙を手渡されるのだ。
そうですよ、全部患者の前で、こんな話をするんですよ。

これって、脅し?

なんでも包み隠さず話してくれる、フランクなお医者さん。
そう考えるべき、なのかもしれない。
でも、なんだかあまりにくだけすぎ、というか
ぶっちゃけすぎじゃないだろうか。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-09-26 11:12 | moonless

Cold

か・・・かでをひいでしばいばした。

訳注:風邪をひいてしまいました。

ん~、二日くらい前からこんなことになっております。
いや、もう少し前から、前兆はあったのですが。

「ひき始めに効く」というカッコントウを飲み始めたのが
ちょっと遅かったみたい。
今回のは鼻づまりからきました。
話している途中や、歌ってる途中に、鼻の奥で
「ぴす」
という音がします。
耳が壊れるんじゃないか、というくらい鼻かんで、
それでもなかなかすっきりしないなぁ・・・と思っているうち、
あらら、喉もちょっと変になってきましたぞ。

そして、今日は少し咳も出始めています。

咳・鼻・喉とくれば、もう堂々の風邪っぷり。
でも、熱はさっぱり出ません。
鼻がつまってるせいか、頭が重く、
喉の辺りにも熱を持っているような気がしたので
体温計を挟んでみると・・・35.8度。   エー。

なんだか体のだるぅい感じを完全否定するかのような低さ。

これでシンドイとか言ってるのは、
なんだか申し訳ない気がしてしまう。
気の持ちようでなんとかなる程度の風邪なんだ、きっと。
でも、この風邪を入院中の親父さまの所へ
持ち込むわけにもいかないので、
今日はお見舞いをパスしました。ごめんよ、親父さま。

数日前、旦那さまが軽く発熱していたので、
きっとその風邪が私の方に来たんだね、と言っていたら、
なんと今日、旦那さまが
「鼻の奥が痛くなった」
と言うではありませんか。
あれ?こっちからそっちにうつったの?
じゃ、あの発熱は・・・なんだったんだ。アトピー熱か?

あぁ、なんか体がだるだるなので文章もだるだる。
でも、「風邪なんです」と胸をはるには低体温。
もともと体温が低いので、
37度超えたら私には高熱なんだけど、
35.8度じゃ、なあ・・・。
気分が乗りません。気分、って、オイ。

季節の変わり目なんですなぁ。
秋の風邪を身にまとい、だるだるな私であります。ぴす。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-09-23 18:19 | moonless

保身

自分がかわいい。

それってあたりまえだし、
大事なことだと思う。

自分をかわいがって、大切にできないなら
ひとのことも大切になんてきっとできない。

でも
世の中には
自分がかわいくて
自分を悪く思われたくなくて
引き替えにひとを貶めてしまう人がいる。

言い訳だったり
責任を逃れるためだったり
自分を正当化するためだったり
そして、たぶん自分自身を納得させるためだったり。

言い訳しないで生きていくのは難しいのかもしれない。
正統な理由付けと、言い訳の境界線をひくことも。
そんなの言い訳だよ、って言われることもあるし、
いま何を言っても言い訳になるな、と
口をつぐんでしまうこともある。

でも、だからって、人を引き合いにだすのはずるい。
そのことだけは、そう思う。

そうまでして、何から自分を守りたいんだろう。
そうまでして、守りたい自分ってなんなのかな。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-09-09 16:58 | moonless

ごほうび

自分にごほうび。とかね。
よく言いますけれども。
あまりよく使われすぎる言葉なので、
ごほうびのありがたみが薄れるような気も
するんですけれども。

私はわりと自分に甘い人間なので、
しょっちゅう自分にごほうびしてしまう。

たとえば、本。
たぶん月間にして20冊近くは買っている。
大部分は古本で、
私が愛用している「古本市場」とか「ブックオフ」で
送料無料になる2.000円以上を目指すとなると、
文庫本で10冊近くは買うことになる。
でも、読みかけの本を持って仕事に行くと、
行きの車内や休憩時間で読み切ってしまったりして、
そうなると帰りに読むための本を書店で買ってしまう。
古本じゃなくピカピカの新本。贅沢だわ。
でも、今日も頑張って仕事したわけだしな。
ごほうび、ごほうび。

たとえば、入浴剤。
最近は「ゲルマニウム入浴剤」がちょっぴりマイブーム。
でも、旦那さまは最近アトピーがひどくて、
そういう入浴剤は使えないばかりか、
お風呂につかるだけでもしみて痛がるので、
ぬれタオルでそーっと体を拭いてあげるだけ。
だから、お風呂にお湯をためるのは私だけのためだし、
おまけに「ゲルマニウム入浴剤」は
お洗濯に使えないものもあったりする。
シャワーで済ませた方が断然経済的じゃないかと思う。
でも、お店の立ち仕事で足が疲れたり、
書き物仕事で脳みそがクタクタだったりすると、
やっぱりお風呂にゆっくりつかりたいな~と思ってしまう。
まあ、いいか。
今日も結構がんばったわけだしな。
また足がつっちゃうのも大変だしな。
ごほうび、ごほうび。

沢山お湯を使うのはさすがに気がひけるので、
半分くらいにして半身浴。
それでも十分贅沢な気がする。
だって子どもの頃は、お風呂を沸かすと
家族がみんなそのお湯を使ったんだものなぁ。
さらに、お洗濯にも使えないなんてエコじゃないよなぁ。

せめてその分満喫しなくては、と
私は長々とお風呂を愉しむ。
地球に優しくないお風呂は、私に優しい。

自分にとっての贅沢なこと、が
だんだんシンプルになってきたような気がする。
欲がないのか、といえば、けしてそうではないし、
ちょっとした贅沢に関していえば
ずいぶん自分に甘いのだけれど。

ちょっとした贅沢で自分にごほうびする時、
私は恵まれているなぁ、としみじみ思える。
旦那さまは今、アトピーで仕事ができないけれど、
これが会社勤めだったら
痛くて痒くて辛くても仕事に行かなければ
クビになっちゃうかもしれない。
でも、お店なら私だけでも開けられる。
それが出来るのは私が健康に恵まれているからだし、
お店という場が私達に与えられた幸運があるからだ。

お料理だって、旦那さまのようなプロの作るものじゃないし、
厨房に入っている間は、
カウンターの仕事に手が回らなかったりして
申し訳ないのだけれど、
それでもお客さまは足を運んでくれて、
「大丈夫?」と気遣ってくれる。
本当にありがたくて頭が下がる。
私達はお客さまに恵まれているんだなぁ、と思う。

今日も友達が電話をかけてきてくれて、
ゆっくり休ませてあげればいい、
困ったときは手伝いに行くから、と言ってくれる。
簡単に甘えてはいけない、と思うけれど
その言葉はとてもとても嬉しくて心にしみる。
ひとに恵まれる、というのは
望んでもなかなかできることじゃない。

ちょっとした贅沢をしながら、
恵まれている自分に感謝する。
いっぱいごほうびをもらってるなぁ。
もっともっとがんばれるなぁ、と思う。

そして、
私も誰かのごほうびになれるといいな、と
おこがましくも願ったりする。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-09-08 14:56 | half moon