カテゴリ:full moon( 7 )

ローズ・イン・タイドランド

『厳しい現実をもはねのける、子どもの力強い生命力こそ
私が敬愛する想像の源だ』      テリー・ギリアム


監督のこの言葉には、すごく共感を覚える。
想像力は、そう、生命力なんだ、
現実を生き抜いていくために、必要な力なんだと、私は思う。

現実のモノゴトは、捉え方次第。
辛くて、厳しくて、と考えること自体が、相当自分を苦しめるし
傷めつける行為だから、そこにマゾヒスティックな喜びを感じる人には
よした方がいい、とは言わないけれど。
主観的にみればとてつもなく悲劇的なことが、
客観的にみるとすごく滑稽だったりするなんてのは、よくある話。
自分の身に起こった不幸というのは、結構いい笑い話のネタになる。

自分はさして不幸ではない、と考えるためのもうひとつの方法として、
もっと不幸な状況の人と比べてみる、というのがあって、
これをなぜだか子どもに推奨する大人が多いのだけれど、
(例:○○○(国名)の子ども達は食べる物もないのよ、云々)
私はこの方法が好きではない。
これまで自分の身に降りかかった不運や逆境と比較するならまだしも、
他の人の不幸に比べて自分はまだマシ、なんて考えることそのものが
矮小だし、美しくない。他人と比べてどうだっていうの。
幸せや不幸せは、自分がどう感じるかが肝心であって、
他人に言い聞かされたり、評価されたりすることで
「なるほど、あたしゃ幸せだ」なんて納得できるものではないし、ましてや
自分より不幸な他人がいることで、自分のランクが上がるわけもない。

薬を使ってトリップしたり、お酒に溺れたりして現実を忘れるのではなく、
想像力で捉え方を変える、というのも、
もしかしたら逃避かな、と考えたりはしたけれど、
監督が言うように『(現実を)はねのける生命力』=想像力、であるなら
それは消極的ではなく、積極的な現実との取り組み方だと思う。
確かに思い返してみれば、手ひどく苛められた小学生の頃を、
(大人になってから「あれは好きな女の子を構いたかったんだね」と
苛めた本人が言ったそうだけど、断言してもいい。そんなものではない。
あれははっきりと悪意を持った暴力だったし、屈辱だった。
傷つけば傷つくほど優しくなり、強くなれる、そんな種類の傷ではなく、
めちゃくちゃな傷痕はいまだに厄介な心のハンディになっている)
なんとか乗り切れたのは、想像力のなせる技だったのかもしれない。

クラス全員の見ている前で、屈辱的な暴力に耐えている間、
私の想像していたのは、たとえば継母や姉に苛められても
最後には幸せになるシンデレラ、とかではなく、
どんな拷問を受けても仲間の隠れ家や作戦について口を割らない、
勇ましい女戦士だったりしたのだけれど、今考えると
ものすごく弱っちくて仲間なんかいなかったのにねー、と
やっぱりちょっと滑稽で、自分がいじらしくもあったりするのである。

タイドランド(Tide Land)は干潟・乾地。「不毛の地」。
そこにたった1人で取り残された少女、ジェライザ・ローズの現実と、
彼女の想像力が生む幻想の物語。
ローズ役のジョデル・フェルランドがとてつもない。
たぶん撮影当時は10歳くらいだと思うのだけれど、
ほとんど1人芝居というこの役を演じきって、美しく妖艶でちょっと怖い。
日本だと、子役に演じさせること自体に物議を醸しそうだが、
こればかりは、特に映画では、子どもでないと成立しない。
でも、いないだろうな、日本にこんな子役。

ジャネット・マクティアの魔女っぽさ、
父親役ジェフ・ブリッジスのダメさ加減もとてもいい。
好きな映画です。

ジョデル・フェルランドの美女っぷりはこんな感じ↓。
Web Magazineハニカム「ローズ・イン・タイドランド」
[PR]
by onlymoonshine | 2007-12-11 19:45 | full moon

人情話に弱いのです

1/24。萩原浩「母恋旅烏」読了。

やはり今月読んだ「誘拐ラプソディー」と、
その前に読んだ「ハードボイルド・エッグ」に続いて
3冊目の萩原作品である。

いい。いいなぁ~。
前2作に続き、今回もまたウルウルしてしまった。
ちなみに今月読んだ本は、今のところ

・「パイナップルの彼方」山本文緒
・「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎
・「サーフスプラッシュ」桜井亜美
・「黒い家」貴志祐介
そして「母恋旅烏」「誘拐ラプソディー」萩原浩。
昨日からは恩田陸の「劫尽童女」を読み始めている。

読書日記「Afternoon Library」が
未だに去年の夏に踏みとどまっているので、
とりあえずタイトルだけでも書いておこうと思う
情けない私。
・・・書きます。ぼちぼちと。書く気はあるのだ。
読むペースに追いつかないだけなんだよぅ。

萩原浩さんの作品は、基本的に人情話だ。
情けなくて、弱っちくて、世間的に「ダメな奴」のレッテルを
貼られているような人が主人公。
そこからさらに悲惨な目にあったり、窮地に追い込まれたり、
なけなしの見栄をはってずっこけたり、というジタバタぶりは滑稽で、
「ここまではないよなぁ」と頭ではわかっているのに釣り込まれる。
そして、思わず声をあげて笑ってしまうこと請け合いの
膝裏カックン的な可笑しさ。
そしてさらに、思わず目を潤ませてしまう泣かせどころもツボにはまる。

うまいっ、と膝を打ちたくなる。
萩原さんは、たぶん落語を相当聴いてると思いますね。

「母恋旅烏」は旅回り一座の物語なので、
それこそ思いきりどっぷり人情話だ。
人情話にハマるお年頃って・・・そろそろやばいのかしらねぇ。
いや、お年頃は差し引いても、やはり
うまいっ!あっぱれ!と思わせる書き手だと思うのだけれど。

萩原作品とはまったく世界が違うので、
比較の対象にはならないのだが、
「桜井亜美」は女子高生に大人気の作家だというし、
「虹の女神」の映画化がちょっと話題になっていたので、
どんなもんかいな~と思っていたところ、
e-ブックオフの105円古本コーナーに山積み(見たんじゃないけど)
だったのでまとめ買いしてみた。

・・・薄い。

本も薄いんだけど、中身もなんだか
コミックのノベルス版みたいに感じてしまった。
女子高生と感動を分かち合おうと思ったのが無謀だったか。
まとめ買いしちゃったものは仕方ないので、
「とりあえずなんか活字」と思った時に読むことにしてるけど、
萩原浩が純米酒なら、桜井亜美はドクターペッパー。
伊坂幸太郎はバーボンソーダで、
貴志祐介はブラディマリー、
山本文緒は・・・うーん、白ワイン?

ドクターペッパーが似合う年ではけしてないので、
口に合わないのも仕方ない。
♪お酒はぬるめの燗がいいぃ~
基本的には赤ワインの私だけれど、「人肌」の萩原浩に乾杯!




メインダイニングはこちら  「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2007-01-25 20:50 | full moon

シャッター

お芝居って不思議だなぁ、と思う。
毎日稽古に明け暮れて本番を迎える。
と、そこからの時間の流れがものすごく速い。

拙作「十五少年少女漂流記~2006・夏 物語の海へ」が
無事本番を終えたのは先週の木曜日。
なのに、なんだか随分前のことのような気がします。
陰で見守っていただけの私でさえそうなんだから、
出演者のみんなは尚更それを感じてるんじゃないかなぁ。

ヴィジュアルクリエイター・Miyaさんの
TAMATEBAKO」 Today's Messageに
かぁっこいい海賊の親玉さんと、
捕まっちまった操縦士・イヴァンズのお写真が載ってます。
かぁっこいい。

ちなみにこの親玉さん、「ウォルストン」って名前なんですけど、
最初の読み合わせで「ウィルソン」と呼び間違えられ、
本番前の通し稽古では「ウォルソン」と呼ばれたので、
たまりかねた私が呼び間違えてる役者(お前だ、西村!)に

「ウォルストン、だよ。ウォルスン」

と注意したら、本番は

ウォルトンさま!」

と呼びやがりました。んとにもう、西村、あんたって人は!

この「ウォルストン」、
原作では「船を乗っ取った悪党の親玉」なんだけれど、
ちとイメージが伝わりにくいかと思い、
海賊のような格好、という表現をしたら、
海賊の「ような」ではなく、おもいっきり海賊になってました。
すっごいコテコテの、絵に描いたような海賊。
でも、それがまた面白かった。
ちょっとユニバーサルスタジオで観た「Water World」を
思い出しました。
Miyaさんも、

「彼が出てくるとどうしてもシャッターを切る回数が多くなるんだなぁ」

というくらい、お気に入りキャラだったようです。
子ども達が主人公のお芝居だけれど、
参加してくれたオトナの役者さんたちは
そのまま「お話の中の登場人物」を演じる役割で、
いかにも、なキャラクターを楽しんで演じてくれたんじゃないかな、と
感じました。

いきいきした表情を見て、やっぱり芝居はいいな、と。
ちょっとウズウズする気持ちも感じつつ。
Miyaさんの撮ってくれた写真を全部見るのが楽しみです。
Miyaさんは、
これから舞台写真を撮る機会を増やしていく予定だとか。
いま、と言っている間に過ぎてしまう「今」、
でも、確かにそこにあった一瞬一瞬の輝きや、
ぴんと張りつめた空気までもが伝わってくるような写真。
想像するだけでわくわくします。

いつだったか、おこがましくもMiyaさんの代理で
写真教室の臨時講師を務めたことがあります。
いわゆるバカチョンカメラしか使ったことのない私が
写真教室の講師って???無理、無理、無理!!
・・・と、尻込みすると、
Miyaさんはこう言ったのです。

「イメージすることの意味と、その大切さは
 写真も文章も同じだと思うんだよ」

そうか。
私はカメラなんだ、と思いました。ひとはカメラなんだ、と。
目を、心を通して、映し出された風景を、ものごとを、
自分という媒体を通して「なにか」に焼き付ける。
たとえばフィルムに、たとえば原稿用紙に、
声に、演技に、楽譜に、踊りに。
瞬きをする一瞬をシャッターにして、
そのとき確かに目蓋の裏に私はなにかを焼き付けている。

そんな話を、写真教室でしていると、
初老のおじさまが少々目に怒りを宿しておっしゃいました。

「写真は“真実を写す”と書くんです。
僕はイメージじゃなく、見たままの真実を写したい。
そのための技術を学びに、ここへ来ているんです」

「そうなんです。その通り」

私は思わず笑顔になって言いました。

「その、あなたにとっての“真実”が、
 あなたというカメラが捉えた“イメージ”だっていうことです。
 どんなに精巧な写真を撮ったって、
 あなたの見たままを、違う目と違う心を持ってる私が
 見ることはできませんもの。
 だったら“真実”って、ひとの数だけあるんじゃないのかしら」

おじさまはちょっとぽかんとしました。
言葉が足りなくて困らせてしまったかな、と
少し申し訳なくなって、私は訊ねました。

「春は、何色でしょう?」
「・・・は?」
「今日の風は、何色ですか?あなたにとって」

ますますぽかんとしたおじさまが怒り出さないうちに、
私は目蓋のシャッターを一度だけカシャリ、と押しました。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-08-15 11:25 | full moon

Darty Dancing!

だいぶ古い映画、だと思うのですが・・・
観ました 「Darty Dancing」。

今度は間違いなくダンス系の映画どした。
いや、「TAPS」をタップダンスの映画だと思いこんでレンタルした
腹いせ、というわけじゃないんだけど。

良かった。
何がって、ダンスが素敵。そして、パパと娘も素敵。
彼氏は私のタイプじゃないけど、でも踊りが素敵だからよし。
物語の中ではほとんど活躍しないママが
最後にピッ、とパパを止めるところも、
「あぁ~、ママはみんなわかってたんだ」
と、なぜかそこで感動。

舞台は1960年代のアメリカ。
その当時は、バカンスの間に家族で山荘へ行く、というのが
流行っていたのですね。山荘。つまりロッジ。
日本の規模ではないですよ。すごく大きなロッジ。
見ず知らずのいろんな家族や夫婦が山荘に集まってきて、
そこでひと夏を過ごすわけです。

ダンスパーティーや、ゲーム大会、イベント、
バレーボールやゴルフなどのスポーツ教室や、
ダンス教室なども山荘の主催で開かれます。

主人公のベイビー(*本名はフランシス)は医者の娘で、
両親と姉とともにこの山荘へやってきます。
山荘では学生や若者が夏のアルバイトをしてるわけですが、
それが二つの派閥に分かれている。
名門校の大学生で、品の良いウェイターとして働く青年達。
上流階級の娘さんに、ちょっとしたロマンスを与える役割も担います。
もう片方は、「娯楽係」と呼ばれるダンス教師やバンドメンバー。
彼らはいわゆるブルーカラーの出身で、
お嬢さん達に話しかけることは御法度です。「身分が違う」から。

ベイビーは来年から大学生になる純粋で前向きな女の子。
将来は「平和部隊」に入って、貧しい国の人々を救う人になりたい、
と思っていたりして、恋人はもちろんパパ。
そんな彼女はダンスパーティーで、
ダンス教師のジョニーとペニーの踊りにホレボレとみとれます。
彼女自身は全く踊れず、すぐに人の足を踏んづけちゃうんですが。

この、最初のジョニーとペニーのダンスが圧巻なのですねぇ♪
なにしろ、ペニー(女性)がかーっこいい!
映画のなかでもポイントとなる「リフト」っていう技があるんですが、
それがすごーく高い!
高く上がって、サーッと下に落ちて抱えられる、という一連が
ものすごくかっこいい。
私もこの技、実はやらされた(?)ことがあるのですが、
怖くて怖くて怖くて全然飛べないし、
タイミングが合わずに相手をけっ飛ばしたりもして、
非常に苦い思い出のある技なんですけれどもね。

そして、山荘を探索していたベイビーは
「スタッフ宿泊所・お客様はご遠慮下さい」と看板の出ている
コテージ村みたいな所へ入っていき、
そこで踊っている「娯楽係」さんたちを目にする。

それはまさに「Darty Dance」。
うわぁ、というくらいセクスィーで、
「こんな踊りをメインフロアで踊ったら、全員クビ」ってくらい。
呆気にとられながらもみとれるベイビー。

「みんな、こんな踊りをどこで習うの?」
「習う?さあ、物置きかどこかじゃない?」

そんなやりとりにも笑いつつ。
そこへジョニーとペニーが戻ってきてセクスィー全開で踊る。
この2人はダンサーとしてはカップルですが、
恋人どうしというわけではありません。

ジョニーとベイビーの出会い。
彼の手ほどきで初めて踊るたどたどしい「Darty Dance」。

ジョニーからすれば、ベイビーは「声をかけるのも御法度」な
お嬢さんで、てんで相手にならない子どもなわけですが、
ベイビーは彼に恋心を抱いてしまいます。
そんな矢先。ペニーの妊娠が発覚。
相手はもう片方の派閥の、イェール大生で
子どもを産むわけにはいかないし、
またここは山荘なので医者もいない。
巡回の医者が来ることになっているのは
1週間後の木曜日で、でも、その日ペニーはジョニーと
よそのホテルのショーに出演することになっている。

「どうしようもないわ」と、泣くペニーを
「きっとなんとかなるわよ」と慰めるベイビー。
しかし、お嬢様にはわからない、何が出来るっていうんだ、と
ペニーにもジョニーにも言われてしまったベイビーは
売り言葉に買い言葉。
ペニーの代わりにショーに出る、と言ってしまうのです。

そこから始まる、ジョニーとのレッスンの日々。
これが、なかなかオモシロイのですなぁ。
教えてもらったステップが全然出来なくて
ヒステリーをおこすベイビーも可愛い。
そして、「リフト」の練習場面。
負荷を軽くするため、湖に入って練習をする。
この場面がとっても美しい。

なかなか見所いっぱいの素敵な映画、なわけですが。
でも・・・やはり1シーン、どうしてもツッコミを入れずには
いられない場面がありましたね。

そこはジョニーの部屋。
ベイビーとの非常にロマンティックな場面なのですが、
見つめ合う2人の視線がからまり・・・
ゆっくりとカメラがパンしていくと・・・
なぜかそこにはデカデカと「酒」という漢字の書かれた
真っ赤なちょうちんがあるのです。

赤ちょうちん!
それも「酒」

台無しじゃ~、と呻いた私ですが・・・。
でもま、その当時流行っていたのかも知れませんね。
ジャパネスク・ブーム。
そんなツッコミどころも押さえつつ、ぜひ観て頂きたい映画です。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-08-01 12:33 | full moon

漂流からの帰還

帰ってきましたよ、って感じです。

やっと書き上げました。
「十五少年少女漂流記 2006・夏 物語の海へ」
全部で100ページ足らずですが、
旅から帰ってきたような気分です。

ジュール・ヴェルヌの書いた2年間の物語を
1時間半にまとめて、
現代日本の少年少女のお話にして、
舞台で上演可能なものにする、という作業は
プロットを立てる段階が結構やっかいでした。
それが出来れば、後はそれぞれの役の個性が言わせるセリフで
物語を進行させていくだけ・・・ですが、
まぁ、なかなか喋ってくれない役もあります。
でもって、とりあえず子どもだけで15人いるので、

「あれ?この子ずっと喋ってないよなぁ」

ってコトも、ままある。
自分の子どもが黙っている(セリフがない)場合、
黙ってないのは親御さんですね。

「うちの子、セリフが少ないわっ」

気持ちはよくわかります。
私も芝居を始めた頃は、自分のセリフの数をかぞえたりしましたもん。
少しでもセリフの多い役をやりたい、ってわけです。
そのうち、「セリフが少なくて、オイシイ役がいい」という
コソクな考えも生まれてくるのですが。

でもねぇ・・・15人いれば、中には無口な人もいますよねっ。

まさかイマドキの学芸会みたいに
「みんなが主役」というわけにはいかない。
それでも、あまり喋らない役の子にはオイシイ場面を用意しました。
・・・あとは台本を読んだ演出家がどうおっしゃるか。
現在、九州は博多で公演中の演出家の元へ、
今日には台本も届いているはずです。

しまった。
「台本を読んだ演出家のセリフ」も書いておけば良かった!
[PR]
by onlymoonshine | 2006-07-03 18:33 | full moon

男たるもの

最近のファッション、
特に男の人の服装っていうのがよくわからない。

先日、電車のなかで、通路を隔てた向かいの席に
二人の大学生っぽい男の人(子?)が座っていた。

片方は、無精ヒゲだかお洒落ヒゲだかこれもわからない
もじゃ毛を頬と顎にはり付けた男。
制服の下に着るような真っ白なカッターシャツの中に
ピンクのTシャツを着ていて、
ふたつ開けた胸元のボタンの間からだけでなく、
全体にピンクがカッターシャツを透かしている。
その上に女子高生が着るような、ダボッとした紺色のベスト。
ベージュのハーフパンツをはき、
そこから再びもじゃ毛びっしりの足が出ていて、
素足にスニーカー。
・・・これは、アリなんだろうか?

その隣の男も素足にスニーカーだけれど、
こちらには毛が生えていない。
濃いブルーの、ジャージ素材のハーフパンツ。
胸に何かのキャラクタープリント(猿、のようにも見えた)のついた
白いTシャツの上にコバルトブルーに黄色いラインの
ジャージ上着をはおり、そして頭には細いカチューシャ。

・・・カチューシャ?

あまりジロジロ見るのは失礼なので、
遠い視線を、彼らの背後に投げているようなフリをしていた私の目は
一瞬そこで釘付けになってしまった。
・・・それは、アリなの?

実際には、髪の長い男の人(特にギョーカイ人)が
カチューシャで前髪をあげてるところを見たことはあるのだけれど、
それは業務上、しているのだと思っていた。邪魔だからね。
それに、そのコの格好にカチューシャは浮きすぎていた。

あれ?もしかして、女の子?

靴のサイズは横の男のコよりも大きいくらいだが、
そういえば足がツルツルだ。
でも、除毛する男のコもいるらしいしな。
肩幅だって、ひじまでジャージをまくった腕だってガッシリしているけれど、
幅広い胸にぴっちり張りついたTシャツの下から、
そういえば、なんだかピンクっぽいものが透けている。
あれは・・・ブラジャーなんだろうか。

釘付けの目を引っぱがしながらも、
私はチラリチラリとどうしてもそっちを見てしまい、
それでも、そのコが男なのか女なのか見分けはつかなかった。
男の子っぽい女の子か、女の子っぽい男の子の
どちらかなのは確かだ。

アリか、アリじゃないかはわからないけれど、
服装は個人の自由だと思う。
うちの店が女装子(じょそこ、と本人達が言っていた)さん達で
貸し切りになったこともあるけれど、
家族にはナカナカこの趣味についてカミングアウトできないわよね~、
とか言いながらも、みんなウキウキ楽しそうだったので
似合うとか似合わないとかの問題ではなく
これはこれで良いものなんだ、と思った。

私は日常ほとんどジーンズで過ごしているけれど、
これだってほんの何十年か前までは
女がそんな格好を!と言われたはずなんだよね。

趣味なんかでもそうで、
今は「男子厨房に入らず」なんて言われる時代ではなく、
料理が出来る男の人はかっこいい、とさえ言われている。
「ニットの貴公子」として、おばさま達にキャーキャー言われている人もいる。
一流と呼ばれる料理人にも、デザイナーにも
実際は男の人の方が多いのだけれど、一般の人々でさえ、
男たるもの、料理なんて、編み物なんて、と
言う時代は終わったのである。

いや、終わった、というよりも
こういう時代が巡ってきた、と考えるべきなのかもしれない。
日本にそういう文化があった、かどうかは知らないけれど、
フランスでは貴族の男たちの間で“刺繍”が
大流行した時代があったらしい。

それはロココ文化の時代。
今日読んだ 嶽本のばら 「下妻物語」 はスゴク面白い本で、
主人公の竜ヶ崎桃子は田んぼばかりが広がる田舎町に住み、
奇異な目で見られながらも我が道を行くロリータ娘。
そしてロリータたるもの、
非生産的で享楽的で無駄と優雅を愛するロココの精神を宿し、
ロココな生活をしなければなりません、と思っている。

この本の最初のほうに書いてあるロココの説明に、
その時代、男も刺繍のとりこになった、と書いてある。
結構面白かったので、以下本文のまま。


「・・・ロココの頃は、男性が服装も含め急激に女性化した時代であるとも
いわれますが、地位も名誉もある顎髭をたくわえた紳士が、
政治や軍事活動にいそしむかたわらで、ちまちまと刺繍に興じていた
というのは、かなり笑えます。
『おい、シモン公、俺、ダブルブランケット・ステッチ、マスターしたぜ』
『ザクセン公、すげぇな。俺なんて不器用だからバックステッチもまだまだだよ』
『今度のキツネ狩りの後、刺繍枠とチャコペン持ってこいよ。教えてやるぜ』
『いつも悪いな。そうだ、ザクセン公をリーダーにしてさ、俺たち何人かで
刺繍のサークル作らねぇか』
『それ、いいかもしれないな』
『ただし、女には内緒だ。バレても女子の入会は禁止。
女は真面目に練習しないからな。夏には強化合宿とかもしようぜ』
嗚呼、なんと馬鹿らしき哉、ロココ。
しかし至上の美は馬鹿らしさと紙一重のところにしか存在せぬのです」

この本、ギャグ満載で、ある意味奇想天外なお話なんだけど、
ほんのりと切なく、そして勇ましく、じわりと感動させながら、
ある種の爽快感も与えてくれる。

あ、ここに書くとHPの「Afternoon Library」に書くことがなくなるので、
感想文はまた今度そっちに書きましょ。
Annie's Dining
を、お楽しみに・・・(コソクにHPも宣伝する私)。
[PR]
by onlymoonshine | 2006-05-28 17:54 | full moon

小悪魔の捕まえ方

用意するもの: 鏡2枚と満月

捕まえ方: 満月の夜、鏡2枚を向かい合わせに立てます。
       2枚の鏡の中に、何枚も鏡が映るようにしましょう。
       そのまま静かにじっと待っていると、
       鏡に映る1枚1枚の鏡をぴょんぴょん飛び越えながら
       小悪魔がやってきます。
       向かい合わせた鏡と鏡の間を
       小悪魔が飛び越えようとした瞬間がチャンスです。
       ぱたっ、と鏡を倒して小悪魔の逃げ場をなくしたら、
       すみやかに捕まえましょう。


昔、聞いたのはこんな方法。  
[PR]
by onlymoonshine | 2006-05-09 19:55 | full moon