ローズ・イン・タイドランド

『厳しい現実をもはねのける、子どもの力強い生命力こそ
私が敬愛する想像の源だ』      テリー・ギリアム


監督のこの言葉には、すごく共感を覚える。
想像力は、そう、生命力なんだ、
現実を生き抜いていくために、必要な力なんだと、私は思う。

現実のモノゴトは、捉え方次第。
辛くて、厳しくて、と考えること自体が、相当自分を苦しめるし
傷めつける行為だから、そこにマゾヒスティックな喜びを感じる人には
よした方がいい、とは言わないけれど。
主観的にみればとてつもなく悲劇的なことが、
客観的にみるとすごく滑稽だったりするなんてのは、よくある話。
自分の身に起こった不幸というのは、結構いい笑い話のネタになる。

自分はさして不幸ではない、と考えるためのもうひとつの方法として、
もっと不幸な状況の人と比べてみる、というのがあって、
これをなぜだか子どもに推奨する大人が多いのだけれど、
(例:○○○(国名)の子ども達は食べる物もないのよ、云々)
私はこの方法が好きではない。
これまで自分の身に降りかかった不運や逆境と比較するならまだしも、
他の人の不幸に比べて自分はまだマシ、なんて考えることそのものが
矮小だし、美しくない。他人と比べてどうだっていうの。
幸せや不幸せは、自分がどう感じるかが肝心であって、
他人に言い聞かされたり、評価されたりすることで
「なるほど、あたしゃ幸せだ」なんて納得できるものではないし、ましてや
自分より不幸な他人がいることで、自分のランクが上がるわけもない。

薬を使ってトリップしたり、お酒に溺れたりして現実を忘れるのではなく、
想像力で捉え方を変える、というのも、
もしかしたら逃避かな、と考えたりはしたけれど、
監督が言うように『(現実を)はねのける生命力』=想像力、であるなら
それは消極的ではなく、積極的な現実との取り組み方だと思う。
確かに思い返してみれば、手ひどく苛められた小学生の頃を、
(大人になってから「あれは好きな女の子を構いたかったんだね」と
苛めた本人が言ったそうだけど、断言してもいい。そんなものではない。
あれははっきりと悪意を持った暴力だったし、屈辱だった。
傷つけば傷つくほど優しくなり、強くなれる、そんな種類の傷ではなく、
めちゃくちゃな傷痕はいまだに厄介な心のハンディになっている)
なんとか乗り切れたのは、想像力のなせる技だったのかもしれない。

クラス全員の見ている前で、屈辱的な暴力に耐えている間、
私の想像していたのは、たとえば継母や姉に苛められても
最後には幸せになるシンデレラ、とかではなく、
どんな拷問を受けても仲間の隠れ家や作戦について口を割らない、
勇ましい女戦士だったりしたのだけれど、今考えると
ものすごく弱っちくて仲間なんかいなかったのにねー、と
やっぱりちょっと滑稽で、自分がいじらしくもあったりするのである。

タイドランド(Tide Land)は干潟・乾地。「不毛の地」。
そこにたった1人で取り残された少女、ジェライザ・ローズの現実と、
彼女の想像力が生む幻想の物語。
ローズ役のジョデル・フェルランドがとてつもない。
たぶん撮影当時は10歳くらいだと思うのだけれど、
ほとんど1人芝居というこの役を演じきって、美しく妖艶でちょっと怖い。
日本だと、子役に演じさせること自体に物議を醸しそうだが、
こればかりは、特に映画では、子どもでないと成立しない。
でも、いないだろうな、日本にこんな子役。

ジャネット・マクティアの魔女っぽさ、
父親役ジェフ・ブリッジスのダメさ加減もとてもいい。
好きな映画です。

ジョデル・フェルランドの美女っぷりはこんな感じ↓。
Web Magazineハニカム「ローズ・イン・タイドランド」
[PR]
by onlymoonshine | 2007-12-11 19:45 | full moon
母ノミタユメ >>