人情話に弱いのです

1/24。萩原浩「母恋旅烏」読了。

やはり今月読んだ「誘拐ラプソディー」と、
その前に読んだ「ハードボイルド・エッグ」に続いて
3冊目の萩原作品である。

いい。いいなぁ~。
前2作に続き、今回もまたウルウルしてしまった。
ちなみに今月読んだ本は、今のところ

・「パイナップルの彼方」山本文緒
・「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎
・「サーフスプラッシュ」桜井亜美
・「黒い家」貴志祐介
そして「母恋旅烏」「誘拐ラプソディー」萩原浩。
昨日からは恩田陸の「劫尽童女」を読み始めている。

読書日記「Afternoon Library」が
未だに去年の夏に踏みとどまっているので、
とりあえずタイトルだけでも書いておこうと思う
情けない私。
・・・書きます。ぼちぼちと。書く気はあるのだ。
読むペースに追いつかないだけなんだよぅ。

萩原浩さんの作品は、基本的に人情話だ。
情けなくて、弱っちくて、世間的に「ダメな奴」のレッテルを
貼られているような人が主人公。
そこからさらに悲惨な目にあったり、窮地に追い込まれたり、
なけなしの見栄をはってずっこけたり、というジタバタぶりは滑稽で、
「ここまではないよなぁ」と頭ではわかっているのに釣り込まれる。
そして、思わず声をあげて笑ってしまうこと請け合いの
膝裏カックン的な可笑しさ。
そしてさらに、思わず目を潤ませてしまう泣かせどころもツボにはまる。

うまいっ、と膝を打ちたくなる。
萩原さんは、たぶん落語を相当聴いてると思いますね。

「母恋旅烏」は旅回り一座の物語なので、
それこそ思いきりどっぷり人情話だ。
人情話にハマるお年頃って・・・そろそろやばいのかしらねぇ。
いや、お年頃は差し引いても、やはり
うまいっ!あっぱれ!と思わせる書き手だと思うのだけれど。

萩原作品とはまったく世界が違うので、
比較の対象にはならないのだが、
「桜井亜美」は女子高生に大人気の作家だというし、
「虹の女神」の映画化がちょっと話題になっていたので、
どんなもんかいな~と思っていたところ、
e-ブックオフの105円古本コーナーに山積み(見たんじゃないけど)
だったのでまとめ買いしてみた。

・・・薄い。

本も薄いんだけど、中身もなんだか
コミックのノベルス版みたいに感じてしまった。
女子高生と感動を分かち合おうと思ったのが無謀だったか。
まとめ買いしちゃったものは仕方ないので、
「とりあえずなんか活字」と思った時に読むことにしてるけど、
萩原浩が純米酒なら、桜井亜美はドクターペッパー。
伊坂幸太郎はバーボンソーダで、
貴志祐介はブラディマリー、
山本文緒は・・・うーん、白ワイン?

ドクターペッパーが似合う年ではけしてないので、
口に合わないのも仕方ない。
♪お酒はぬるめの燗がいいぃ~
基本的には赤ワインの私だけれど、「人肌」の萩原浩に乾杯!




メインダイニングはこちら  「Annie's Dining
[PR]
by onlymoonshine | 2007-01-25 20:50 | full moon
<< じゅうたんコロコロ ハチスカコロク >>